Home

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンテイングは会社・経営用語のひとつです。外部の優秀な人材に声をかけて自社に引き抜くことを言います。スカウトされる人材は、経営者はじめ専門職や役員など多岐にわたります。ヘッドハンテイングは、通常ですと優秀な人材を求める企業の依頼を受けて専門家が実施することがほとんどです。この専門家がヘッドハンターです。

実際には、ヘッドハンターは依頼した企業のあげる希望条件から情報ネットワークを駆使して候補者を探します。候補者が見つかったら、その候補者に待遇などの諸条件を提示したり説得に入ります。候補者が合意すれば採用のための面接などのスケジュール調整をして、人材を希望した企業がその候補者の採用を決定するまでヘッドハンティング会社が流れをフォローします。

ちなみにヘッドハンティングの報酬については、いろいろな方式で支払われます。最初に企業から報酬を受け取ってから活動を開始するケースや、ヘッドハンティングの成果次第で報酬が支払われるケースなどです。後者は成果報酬方式と呼ばれ、ヘッドハンティングの成功によって採用した人材の年収の15~30パーセントが支払われるのが一般的です。

日本ではあまりなじみのないヘッドハンティングですが、これまで外資系と呼ばれる企業を中心にして行われてきました。それが昨今では、日本企業でも積極的にヘッドハンティングを行う企業が増えてきています。競争の激しい業界で企業が生き残るためには優秀な人材の確保が不可欠です。

ヘッドハンティング会社は独自の人材データベースや情報ネットワークを確保していますので、具体的な資料を提示すればその条件にマッチする人材をピックアップすることが可能なのです。

ヘッドハンティングの現状

普通転職をする場合は労働者が自分から前職の会社を辞めるかあるいはクビになって自分自身で次なる会社を探すのが一般的なスタイルでありますが、ヘッドハンティングとは向こうの会社がどういうわけか労働者自身のことを調査してこちらに来ないかというプロポーズをしてくれるスタイルのことを指します。

そのヘッドハンティングでは大昔から行われているわけですが、現在は大昔に比べてかなり不景気で採用人数が継続的に減らされているにもかかわらず需要が増えてきていると言います。

さてそのヘッドハンティングですが、大昔のスタイルは本当に有能な人材を求めてのスタイルでありました。それは50歳前後の中高年をターゲットにして会社の経営幹部社員や顧問として登用するというスタイルで、例えば上級公務員の天下りもそのうちの1つとして行われていました。

しかし現在のヘッドハンティングのスタイルは大昔のそれとは事情が異なっているようです。その1つは採用年齢が引き下がっているということです。つまり50代前後の中高年をターゲットにしたスタイルから30代や40代をターゲットにしているということです。

これは大昔のハンティングは会社の経営陣とほぼ対等な関係を保てるくらいの位置の社員であるのに対して、現在のハンティングではそれよりも下位クラスの中堅管理職あたりの獲得に走っているということです。またハンティングのやり方も大昔は社長自らがお願いに来ていたりしていたものですが、現在ではハンティング専門の会社に依頼して行われていることであります。

なぜ40歳前後の労働者を探してくるのかというとバブル崩壊以後、各会社では採用人数の抑制を継続してきたわけですが、それのために社員の年齢構成がいびつになり、それまで会社が蓄積してきたノウハウを教える社員の数が足らなくなってきたということが1つの原因でもあるのです。そのために中堅の中間管理職的労働者を求めてヘッドハンティングが行われているのです。

また別の側面としては会社の売り上げがあまりよくない中で、これまでと同じような社員の採用方法をしていてはダメだということで、スーパーマンみたいな営業成績を達成できる社員をヘッドハンティングという形で求めている会社もあるということです。
特に営業力がそっくりそのまま売上や利益に直結するような業態は、優秀な営業(チャットレディの場合はキャストですが・・。)を喉から手が出るほど欲しがっています。
また、ビジネスホンの設置工事のような専門職の場合は、優秀な技術者がいるとクライアントの定着率があがるので重宝されます。
しかしヘッドハンティングには大きな落とし穴があることに注意をしなければなりません。限られた期間で会社が期待しているだけの営業成績や成果物を上げられないとクビになりやすいということであります。勤務先の給料が高いため、高額な住宅を買ってしまい、いきなりクビにされて収入源がなくなってしまい、住宅ローンが払えない事態に陥ることもあるので、ローンを組む際は慎重に動くことをおすすめします。特に外資系の金融系、例えば、ゴールドンマンサックスやモルガンスタンレーなどは思うような成績があがらなかったら労働者単体だけでなく勤務していた部署そのものと他の社員も全員が解体されることもよくある話です。なので注意をしなければならないのです。

マイナビ転職 資格と仕事.net DHAサプリ、きなり
マイナビ転職 資格と仕事.net きなり
もし今の仕事に違和感を感じている人がいるなら、ヘッドハンティングを待たずによりよい職場へ転職。 仕事でステップアップするには、資格を取るのが一番の早道になる事がほとんどです。 DHAをしっかりとって、頭すっきり、いきいきと自分らしく仕事ができるようにしましょう。